不登校 始めの頃
6月13日(金)から不登校が始まった長女。

6月中のことを書いておきます。

食欲がまったくなく、青い顔をしていました。
小児科で点滴を受けても、容態は変わりません。

16(月)も休みました。

17(火)熱はないので、送っていくから学校に行こう!と
半ば強引に連れて行きました。
後から先生に話を聞くと、教室でずっと青い顔をしていたとのこと。

18(水)前日が辛かったからか、朝、激しく抵抗して行こうとしません。

19(木)食欲はだいぶ戻りましたが、休んでいる間に、
行事の準備が進んでしまって、要領がわからないから
行きたくないと、激しく抵抗します。じゃあ、もう一日だけだよ、と
約束して欠席しました。

20(金)前日には学校の支度をするものの、朝になると
行けないと言います。

このころから、学校のことに触れると、形相が変わり、
本当に学校を恐れているということが伝わってきて、
無理に行かせることはできないと思い落ち込む。

思い切ってしばらく休ませるか、やはり、一日も早く学校に戻すか、
とても揺れていた時期です。

26(木)27(金) 朝、友達に家の中まで迎えに来てもらうと、
プライドがあるのか、涙を拭いて出掛けて行きました。
私はホっとしましたが、この後、娘の態度は悪い方に転がり出します。

『友達を利用した』 『お母さんは敵だ』 『お母さんなんていらない』

奈落の底に突き落とされた気分でした。


このままでは、学校に行かせることは無理だと思い、
スクールカウンセラーや、精神科に相談をしました。
でも、話を聞いてくれるだけで、向かう方向や、解決策の提案などは
全くなく、期待できないなと思う。

それと並行して、ネットで不登校や、フリースクール、メンタルフレンドなど、
不登校に関するHPやブログを調べました。

不登校に関する本も読みあさりました。

まだ向かう方向も定まらず、近くに相談できる人もいず、
私は憔悴しきっていました。
[PR]
by marguerite5 | 2008-06-30 22:00 | 不登校
<< 7月中の状況 不登校の始まり >>