妹の欠席
終業式の前日の24日、妹が学校を休みました。
前日から吐き気があり、食事が全く採れなかったので、
熱はないけれど、仕方なく欠席しました。

長女:「あと2日なのにね~」

ちょっと余裕が出てきたセリフです。

実は、登校刺激の当日、同じような症状で妹が学校を休んだのでした。
ちょっと予定外のことで私や、支援の先生方はとまどいましたが、
ちょうどいい機会だから・・と、先生に釘を刺してもらいました。

昼頃にはすっかり回復していた妹は、元気に部屋で遊んでいました。

支援の先生は、
「学校を休んだのに、なんで寝ていないのか・・」と。
妹は慌てて寝ました。

学校を休んだら、寝ていないとダメ。
たとえ回復しても、絶対外では遊べない。

きつく言っていただきました。

その時のことをしっかりと覚えているようで、
ずっと布団の中でおとなしくしていました。

それほど、学校は簡単には休んではいけないところ、ということがわかったようです。

小児科で薬をもらって飲んで、すっかり体調がよくなってからは、
さっさと翌日の学校の支度をしていました。

今まで、欠席した時の私の対応が甘かったことを反省して、
今後は、しっかりと対応したいと思います。
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-24 20:44 | 姉弟間のこと
<< 終業式! 作戦成功! >>