給食に挑戦!
娘:「この前ね、給食に「くじらの竜田揚げ」が出たんだよ。」

えー??と思いました。
給食に「くじら」??と。
昔の給食体験とうことらしいです。
娘は食べなかったんですけれど。

ちょうど給食の話題が出たので、思い切って給食のことを
話してみることにしました。


私: 「あのね、お母さん、このまま○○(娘)が給食食べないと、
   体のことが本当に心配なんだよね。
   成長期だし、大人になってから影響が出たりしたら大変だな・・と思って。
   5年生になったらクラス替えでしょう。今のクラスの子たちは○○のこと
   よくわかってくれているから給食を食べていないこと何も言わないけれど、
   クラス替えしたらどうかわからないよね。
   今のクラスのうちに、少しずつでも練習しておいたらいいなと思うんだけど、どう?」

娘: 「無理。食べると気持ち悪くなるもん。」

私: 「そう。でも、このままだと心配。
   ずっとこのままという訳にはいかないこと○○がわかっていると思うから、
   自分で少しどうしたらいいか考えてみてくれる?」

娘: 「・・・・・・」



ドキドキしました!

これは土曜日の会話なのですが、金曜日に担任の先生からも
「そろそろ少し食べてみる?」と話しがあったようで、
どうもいよいよ食べなければならない時が来たと思ったのか、
日曜日、久しぶりに
「明日学校嫌だな~」
言いました。耳をふさぎたくなりました・・

そして、月曜日の朝、再登校間もない頃の娘の姿がありました。
朝食はのどを通らず、嘔吐し、泣いていました。

私も泣きたい気分になりましたが、娘はその後涙を拭いて、
私に向かってニコっと笑って、
「いってきます」と言って出掛けて行きました。

偉い!!








帰って来て、
「サラダだけ食べたよ」っと、ちょっと照れながら話してくれました。

昨年6月以来の給食です。
一歩前進しました!

さて、明日からはどうするかな?
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-02 22:09 | 再登校後
<< 今日の給食 難しい共感と受容 >>