子供ケーキ教室へ
祝日の今日、娘は友達にケーキ教室に誘われました。
3日ほど前に、とてもうれしそうに詳細が書かれたプリントを私に見せました。

プロの先生が、自宅でお教室をされているのです。
親の付き添いはなしで、子供だけのお教室です。
バレンタイン前なので、作るのはチョコレートケーキです。

話を聞いた時、ちょっとびっくりしました。
まず誘ってくれたメンバーが、いわゆる仲良しグループの子では
なかったこと、食べ物関係にひっかかっている娘が
外で調理?と。もちろん試食もあるでしょうし。

講習費&材料費は2500円。
お教室代としては普通かもしれませんが、子どもに掛けるには
お安くありません。
でも、今の娘にとってはいい経験になるなと思いOKしました。


娘は、うれしい反面、想像するといろいろな不安も出てきたようで、
「やっぱりやめておけばよかったかな~」と前日まで言っていました。


そして、当日。エプロンや持ち帰り用のタッパー、タオルなどを準備。

娘: 「試食しなくてもいいかな~?家に帰ってから食べようかな?」

私: 「無理はしなくていいと思うけど、せっかく作ってみんなと試食しないのも
    寂しいよね。いい機会だから練習のつもりで少し食べてみたら?」

娘: 「そうだね・・」



支援の先生のアドバイスに基づき、壁となっている給食や食事に関しては、
背中を押してあげるつもりで少しずつ提案をしていますが、
反発をすることはありません。



出掛ける直前に 「気持ち悪い~」 と言いました。

でも、やっぱり元気に 「行ってきます!」 と言って出掛けました。







帰って来て、「楽しかった~! 試食もしたよ。」 と。

あっ、ちなみに、まだチョコをあげたい男の子はいないようです(笑)
お父さんと、弟にバレンタイン用としてあげる分と、
私と妹のお土産用をラッピングまでして作って来ました。




そして、帰ってすぐに一緒にケーキ教室に行った友達から電話があり、
その子のお宅へ遊びに飛んで行きました。
普段学校では一緒に遊んでいない子なのですが、
気にする様子もなく、楽しんで帰ってきました。

また一つ経験を積んだ一日でした。
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-11 21:54 | 再登校後
<< 給食日記 今日の給食 >>