エンカレッジHPへの掲載☆英検に挑戦!
エンカレッジのHPの「依頼者の声」に、このブログの記事をピックアップしたものを掲載
していただきました。
改めて読み返してみましたが、こんな形で掲載していただけるとは思ってもみなかったので、文才の無さに恥ずかしい思いです・・

再登校直後で、まだ支援を受けている途中で始めたブログです。
当時だからこそ書けた感情や行動、言動もあると思うので、
少しでも参考にしていただけたら幸いです。

エンカレッジの先生方、お忙しい中、つたないブログの記事を
掲載していただき、ありがとうございました。
これからの生活も「悪い例」とならないように、気を引き締めて
いきます!










前回の日記で長女が体調を崩したことを書きましたが、
その後回復して元気に学校に行ってきます。


ちょっと前のことになりますが、6月13日、長女にとって
人生初めての試験がありました。
「英検5級」の試験を受けたのです、

小学1年生の時から、近所の英語が出来るお母さんから
週に1度英語を教えてもらっていました。
1年~3年生までは、遊びの中に英語を取り入れた楽しいレッスンでしたが、
4年生からは遊びが半分、テキストや問題集を使った英検に向けた勉強が
半分、4年生後半からは宿題も出ていました。

4年生の時に不登校だった娘は、4ケ月位レッスンをお休みしました。
「再登校後しばらくは、習い事は無理しなくていい」と支援の先生にも
言っていただいていましたが、娘は早く元の生活に戻したかったんですね。
再登校当日に、レッスンに行ったんです。恥ずかしがる様子もなく・・
ただ、他の生徒さん3人は、4か月の間に英検に向けた勉強がかなり進んでいました。
娘だけ遅れているのに、先生がさぞかしやりにくいだろうな・・と心配だったのですが、
先生も、娘が学校に戻れたことを涙して喜んでくれましたし、
何より
「”みんなと一緒に英検を受けたい”という気持ちを尊重してあげてください」
と言ってくださったので、お願いすることにしました。
とても有難かったです。

友達に追いつくために、宿題の量は膨大でしたし、家でリスニングの練習を
暇さえあればやっていました。

それでも、なかなか友達のレベルまでなかなか成績があがらなかったのですが、
試験の迫った5月下旬、やーっと、模試をやると合格圏内前後の点数が
採れるようになりました。
6月13日の試験で不合格だったとしても、10月にまた試験があるので、
その時に再チャレンジすればいいや! という気持ちで試験を受けました。

結果は7月初旬に出ます。
いろんなことに、「悩んだら挑戦してみよう!」
という姿勢には感心します。
根性が付きましたね。本当に。


そして、この英検5級試験が終わると、ほとんどの子が受験勉強のための
塾通いが忙しくなって英語はやめていくそうなんですが、娘は今のところ
塾にも行かず、受験の予定もないので、来年 英検4級を受けるために
英語を続けるそうですよ。

子どもの試験にドキドキ・・
これから、どんどん増えていくんでしょうね。
こんな緊張感!
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-19 09:40 | 日々のこと
<< 変化・・? 1年前 不登校始まり >>