次女の先生が・・
今日は始業式でした。

奇数学年でクラス編成があるので、
今年は我が子たちはみんな持ち上がりクラスです。
担任の先生も持ち上がることがほとんどですが、
次女のクラスだけ、担任の先生が辞められたので、
新しい先生になりました。

なんと!
長女が不登校だった4年生の時の担任の先生になったのです。
長女と全く正反対の性格の次女。
違った意味でたくさんお世話になりそうです。

今日もらってきた手紙の一文。

「ノートは各教科ごとに1冊ずつご用意ください。ノートを集めることがありますし、
学習内容が定着しません。兼用は困ります。」

4年生がもらってくる手紙の内容とは思えません。
って、これはうちの次女のことじゃないかと!!

実は、修了式後、持ち帰ったノートを見てみると、
国語のノートに、算数の内容が・・
理科のノートに、社会の内容が・・

もっと驚いたことに、
「なんでもノート」というのが出てきました!

ノートを忘れた時用のノートらしく、いろいろな教科の内容が
書かれていました。

頭をハンマーで叩かれたような衝撃でした~(@_@)ガ~ン!!
そんなノートを用意するくらいなら、忘れるな!と。
特に干渉を嫌う次女なので、遠くからそっと見守っていたつもりでしたが、
遠すぎました!

新年度からは改めるように、今日まとめて新しいノートを買って、
しっかり科目を決めて守ることを決めました。
そして何よりも忘れ物をしないこと!
決意は堅いような表情でしたけど、次女のことなので
どうだか・・(^_^;)

担任の先生にまたまたご心配をおかけしないように
なんとかしっかりしてほしいものです。
[PR]
by marguerite5 | 2010-04-06 23:08 | 次女のこと
<< 上野先生の本と、家庭教育推進協会 思春期突入? >>