久しぶりに給食が~!!
それは4月25日(日)の家庭教育推進協会のセミナーの日のことでした。

長女:「お母さん~、話があるんだけど・・・」

私:「そう、今から出掛けるんだけど、帰ってからでもいいかな?」

長女:「うん。」


浮かない表情だったのでちょっとドキっとしたけれど、
これまでの順調な日々を考えると、大した相談ではないだろうと思っていました。
帰ってからも、長女はその話に触れなかったので、
あえて私からは切り出しませんでした。


翌朝(月曜日)、学校に行く前・・

長女:「お母さん、給食食べられないかも・・ 食欲ないの・・(ポロッと涙)><」

(えーーーーー!!落ち着いて私!)

長女:「先週も食べられなかったの。」

私:「そう、いつから?」

長女:「金曜日」

私:「金曜日だけ?」

長女:「うん。」


(ちょっとホ~っ(^_^;) )

私:「そういう時は、先生に話したらいいんだよ。○○先生は、
  ○(長女)が給食食べられなかった時のこと知っていて、お母さんが
  きちんと話してあるからね。食べられない時は無理しなくていいって。」

長女:「うん。わかった。」


涙を拭いて登校して行きました。
私は血の気が引く思いでした。

上野先生にさっそくメールにてご報告しました。

~抜粋です~

「落ち着いて対応しましたね。内心はドキドキだったと思いますが、
会話の流れを見ていると冷静に対応できていたと思います。
不安になった時に話しやすいようにコミュニケーションはとっておいたほうがいいと思います。

みんなこの時期は不安定になっています。
時期的なものだと思いますので、このまま給食が食べられなくてもいいんだと伝えて、
それでいいんだと思うことができれば徐々に慣れていくと思います。」


とのお返事をいただきました。
先生、ありがとうございます!


その日の夜、

長女:「今日、給食のパン、半分残した。先生に話したの。」

私:「そうーー!! 良かったね♪」

長女:「良かった~!?」

私:「そうよ。だって、きちんと先生に話せて、残したんでしょ。
  良かったよ。ちゃんと伝えたいことを伝えられたんだから。
  これから先も、大切だよ。無理なことは無理と言えること。
  その事にもよるけれどね。勉強したくないんですけど・・とかは
  ダメなことわかるよね。あとは、自分の判断だよ。」

長女:「うん。(^-^)」


冷静に様子をうかがうと、たった1日食べられなかった金曜日、
また給食が食べられなくなってしまう不安、というよりは、
給食が食べられるようになってから今日まで順調だったのに、
また食欲がなくなってしまった自分がショックだった・・という感じです。


それ以降、いつもの長女に戻りました。
大丈夫。もう以前の長女ではない。 あなたは復学という大きな壁を乗り越えたんだから!
誰よりも、あの頃のようには戻りたくないと思っているのは長女なのです。

一つずつ小さなストレスを乗り越えて強くなっていってほしいと思います。
[PR]
by marguerite5 | 2010-05-12 22:39 | 長女のこと
<< 初めての落し物 初めてのおこずかい >>