3週間ぶりの学校へ
長男が、1週間の自宅療養を終え、今日久しぶりに学校に行きました。

体力が落ちていることと、休み時間は外遊び禁止ということもあるので、
1時間目の授業から登校、給食までで早退しました。

とにかく早く学校に行きたいと言っていた入院中。
授業は、体育と音楽以外は好きではないけれど、
学校のありがたみがわかったようです。

久しぶりに教室に入ると、クラスメイトに取り囲まれて、大歓迎を受けました。
頭をポリポリかいて、照れてました (´▽`*)

しばらく、遅刻&早退しながら、体を慣らしていきますが、
体育や運動は夏休みが終わるころまでできませんε-(>。<)



* * *



さて、入院中のことを書いておきます。

病院は自宅から自転車で5分ほどの総合病院。
両祖母は、自分の体調が悪かったり、介護中だったりなので、
頼らずに頑張りました。
仕事も最初の3日間は休暇をもらいましたが、容態が安定してからは
勤務時間を短くしてもらって出勤しました。
単身赴任の主人も、最初の3日だけ休暇を取って夜は病院で付き添って、
その後は単身赴任先に戻りました。


朝、姉たちを学校に送り出さないといけないので、
夜は付き添いなし頑張ってもらって、自宅に帰ることにしました。

 7:40 姉たちを学校に送り出す
  ↓   
 8:00 病院で朝食の付き添い
  ↓
10:00 仕事へ
  ↓    
14:30 病院
  ↓
16:00 自宅で夕食の支度&洗濯&掃除
  ↓
18:00 病院で夕食の付き添い
  ↓
19:00 自宅で姉たちの夕食
  ↓
20:00 病院で寝付くまで付き添う
  ↓
21:30~22:00 自宅へ


これの繰り返しを約2週間。
病院が近かったことと、2週間という期間だったことで乗り切れました。
これ以上長くなったらどうなっていたことか。

でも、今回のことで、姉たちは食事の支度以外は
何でも自分たちでやったし、長男も病院で一人でも
泣き言一つも言わず頑張りました。

「家族の困難は、家族で協力して乗り切る!」
「みんなちょっとずつ我慢して頑張ろう!」

をテーマに頑張りました。


長男は

姉たちに会えない我慢
たびたびの採血の我慢
病院で一人で過ごす我慢
ベッドの上で退屈な時間を我慢
学校に行けない我慢
友達に会えない我慢
おやつが食べられない我慢



姉たちは

弟に会えない我慢
家に帰っても母親がいないことの我慢
友達を家に呼べない我慢
いつもより家の手伝いが多いことの我慢


我慢する機会があるからこそ、忍耐力も身に付く。
そう考えて、悪いことばかりじゃなかったと考えよう。

そして、何より普段はケンカもよくする姉弟だけど、
いないと寂しい・・これが一番堪えたようです。
これからはケンカが減るかな?
それとこれとは話が別でしょうね (´▽`*)
[PR]
by marguerite5 | 2010-06-21 23:08 | 長男のこと
<< 不登校の始まりの月・・ 退院しました >>