キャラが変わった
2学期が始まり、1週間が経ちました。

保護者会も終わり、親子共に、やっと夏休み気分が抜けてきたところです。

保護者会で、6年生の長女の友達のお母さんと話しました。
その友達は、1,2年の時もクラスが一緒だったのですが、

「○ちゃん、キャラ変わったんだよ~。1,2年の時は、
すごくおとなしかったのに、今はすごく明るくておもしろくて積極的なの」

と言っていたとお母さんが教えてくれました。


不登校になるまで、長女は思ったことも口に出さず、周りに合わせ、
辛いこともひたすらガマンするタイプだったのです。
この性格は、不登校になるきっかけにもなりました。


復学後、ひと皮むけた長女は、

「失敗は成功の元」
「人生は何度でもやりなおせる」

と言って、表向きの性格が変わりました。
根本はそう簡単には変わらないのでしょうけれど、
それまで出来なかった表現や、一歩前に踏み出す力がついたようです。

授業中の発言さえ滅多にしないくらい目立たなかったのに、
今では、係や委員の長に立候補するまでになりました。

明らかに、快活で明るくなったのはわかってはいるんですけれど、
こんなふうにお友達から聞くと、なんだか本当にうれしくて・・(*^-^*)


不登校・・ ならない方がいいに決まっているけれど、
我が家にとっては転んで、立ち上がることが必要だったんだと思います。
それを長女が体を張って教えてくれた。
あのまま、ギリギリの線で登校していても、
いつかどこかで転んでいたんだと思います。

二度と同じ失敗をしないように、私もしっかり変わらないと・・と思います。
[PR]
by marguerite5 | 2010-09-09 23:19 | 長女のこと
<< たびたびたびたびすみません 終業式&修学旅行 >>