たびたびたびたびすみません
次女のことです。

大雑把で整理整頓が苦手な次女は、よく物を失くします。
毎日の宿題で国語の教科書を音読して、それを親が聞いて、サインをする
「音読カード」という紙があるのですが、
これをよく学校に忘れたり、家の中で失くしたりします。

無いときには、代わりに連絡帳に
「音読カードを学校に忘れたので、こちらにサインさせていただきます。」
と私が一筆書いてサインして持たせます。
これを、今年度 何回書いたことか!

今、そのカードがまたまた行方不明です。昨日は、
「お母さん、もう連絡帳に書くの嫌だな~。今日はなんて書いたらいいの?」

「ごめんなさい。そうだな~、 たびたびたびたびすみません。・・かな?」

前回私が「たびたびすみません」と書いていたので、
たびたびを増やしたようです。
もちろん、そんなこと書けるわけはなく・・

「恥ずかしいから、もう最後にしてよね~」とは言っておきましたけれど。
見当たらない時には、「あ~、私ってダメだな~」という反省している顔はするんですけれどね。
無くてもへっちゃら!ではないことは救いでしょうか??

ちなみに、今の次女の担任の先生は、長女が不登校だったときの担任の先生です。
几帳面長女とのあまりの違いに、毎回驚かれています。
[PR]
by marguerite5 | 2010-10-05 13:38 | 次女のこと
<< 塾の保護者会にて キャラが変わった >>