カテゴリ:長女のこと( 27 )
久しぶりに給食のこと・・
先々週、3年生の次女の学年で新型インフルエンザにかかった
子どもが増えたため、4日間学年閉鎖になりました。

その後も、各学年に数人、とぎれることなくインフルエンザの子が
いるようなのですが、増える様子は今のところありません。

みなさんの地域はいかがですか?
流行がピークを迎える頃にかかるのが一番怖いですね・・
長女は持病があるため、とても心配です。
優先的に受けられると言われているワクチンも、
いつになることか・・という感じですからね。





さて、すっかり昔のこと・・になりつつある給食のことを書いておきます。
娘は、不登校のきっかけも、復学の壁も、そのほとんどが
「給食」がテーマでした。

体調を崩して給食を食べられなくなり、友達に指摘されたことで学校に行けなくなり・・
いざ、復学の際には、給食が食べられるようになるまで、かなりの歳月がかかりました。

家では好き嫌いのなかった娘が、これほどまでに苦しんだ給食。
今思うと、精神的に弱った心が、「給食が食べられない」という形で表れていただけだったんです。

最近の娘は、食べることが楽しくて、おいしくて、太ることを気にするくらいです。
給食は、なんとなんと、クラスで平均3番目くらいに食べ終わるそうで・・
本当に、あの頃の悩みはなんだったんだろう??という感じです。


これから先、思春期になり、心身共に不安定な時期になります。
人それぞれ、いろいろな形でその不安定を表現するのでしょう。
そんな時にあたふたすることなく、ドーンと構えていられるように
なれたらな・・
実際はそんなに簡単にいかないのかな??(^^;)
[PR]
by marguerite5 | 2009-09-28 22:56 | 長女のこと
1学期終了
とても久しぶりの日記です。
7月17日(金)、1学期の終業式がありました。

長女は、1学期間欠席0でした!
とても順調な日々でした。
成績の方は・・
塾には行っていないものの、自分なりに公文式や
通信添削などの勉強で毎日頑張っていたので、
上がっているかな??という期待もあったようですが、
とにかく、まわりの子がみんな塾に行っていますから、
よっぽど頑張らなければ成績が上がりません。
表情を見ると、ちょっとガッカリだったようですが、
これも現実。みんな頑張っているんです。

塾に行くって言うかな・・?
言わないだろうな・・
とにかく見守って、相談を受けた時には答えられるだけの
情報は得ておこうと思います。

私としては、十分な1学期でした。
何しろ、給食をすっかり克服しましたし、心が元気そうでしたし、
私との関係も良好です。

節目を迎えるたびに、またお世話になった方々へ
感謝の気持ちでいっぱいになります。
ありがとうございます!
[PR]
by marguerite5 | 2009-07-22 22:03 | 長女のこと
合格!!
先日の日記で、長女が英検5級を受験したことを書きました。

なんと、合格しました~!!!


試験当日、「落ちたら10月にまた受ければいいもん」 と自分に言い聞かせるように
言っていた長女。

私は、「大丈夫。いつも通りにね!」とだけ言いました。


昨晩、先生から結果のメールが届き、娘に伝えると、

「やったぁーーーーー!!!!」

と とび跳ねていました。


今日は昨日6月26日が7歳の誕生日だった弟の誕生日会。
英検合格祝いも一緒にやりたいと思います♪

本当に、よく頑張ったー!!!
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-27 11:50 | 長女のこと
変化・・?
最近、みなさんのところに訪問しても、なかなかコメントできず
すみません。
一方、私のブログへは、毎日一定の方が見に来てくださるようで、
マメに更新もできていないのに、ありがとうございますm(__)m

おかげさまで、順調に楽しい毎日を過ごしています。







3月頃から週2,3日のアルバイトを始めた私ですが、
最近は3,4日が平均。時には1週間フル勤務の週もあり、
どっぷりとお仕事にはまっています。

1年前からは考えられない状況です。
こんなふうに安心して仕事に出掛けられるなんて、
なんて幸せなことでしょう。

勤務時間の短い仕事なので、昼休憩はなしで、
帰宅後、昼食をとっています。

先日、私がいつもの残り物昼食を食べていると、
長女が帰宅しました。

「お母さん、かわいそうなお昼ごはん~!
私なんて、超~おいしい給食だったんだよ~♪」

こんな言葉が聞けるなんて、本当に夢ではないだろうか??と
頬っぺたを叩きたくなる気持ちです。

すっかり給食は克服したようです。


そして、最近少し娘が変わってきた感じがします。
以前から、真面目で頑固一徹、~なければならない、と何事にも
柔軟性がなかった娘。

「9時には寝なければならない」で、そのとおりに就寝。
6時前に起きていたのですが、最近は、平均10時就寝。
時には11時近くまで起きている時もあって・・
それでも、朝には強く、夜更かししても しっかり起きてくるので、
私は黙っています。

何かとうるさい妹・弟が寝た後の方が、長女もゆっくりと静かな時間が
過ごせるので、夜の時間が心地良いようです。
テレビは10時までにしていますが、その後は私と一緒に裁縫をしたり、
雑談をしたりしています。

正直、私は早く寝てくれた方がゆっくりできるのですが、
そうは言えないですものね・・(^^;)


なんとなく、変わったな・・と思う今日この頃です。
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-26 20:00 | 長女のこと
不登校前の姿・・
5月31日(日) に運動会を控え、子供たちの疲れはピークにきています。

昨日は1年生長男は夕方お昼寝、
3年生次女は疲れてお風呂に入れず寝てしまいました。

長女ですが、運動会の練習に加え、リレーの練習に、
音楽委員会の練習で、朝連と放課後練習でぐったりです。

それに加え、6月13日の英検に向けて追い込みの
宿題がたっぷりあるので、私の目から見ても、
気の毒なくらいです。

今日は習い事から帰って、夜、リビングの床に大の字になって、

「あ~! もうヤダ~!! しんどーーーーーい!!!」

としばらくひっくり返りました。
機嫌も悪いです。

不登校前の娘は、こんな状態が数か月続き、
お風呂にも入れずに7時半頃寝てしまっていました。

その頃を思い出させる風景です。
当時の私は、こんな時に、

「何言ってんの。 せっかく続けてきたピアノもやめちゃって
その分ちょっと楽になったでしょ。
塾に行っている子がたくさんいるんだからね。
それに比べたら・・。ちょっとだらしないんじゃない?」

とまあ、追い討ちをかけるような言葉を言っていた気がします。
今考えると、とてもかわいそうなことをしたと思います。

今日は、

「そうだよね。大変だと思うよー。運動会の練習に
リレーの練習、音楽委員会の練習に、英検の勉強、
公文の宿題に、進研ゼミの問題・・ あー、本当に大変!」

と言ったら、ニコッと起き上がって、椅子に座り、
ため息をひとつついて、勉強の続きを始めました。


再登校後、頑張りすぎる娘がちょっと心配だったりしたのですが、
こんな風に、時には大きな声で、「しんどーーーーい!!」と言って
愚痴をこぼせるなんて、とホッとしました。

吐きだした時に、娘の立場に立って、しっかり共感して、しっかり
話を聞いてあげなければ、と思います。

あとちょっと、頑張れ~!!
[PR]
by marguerite5 | 2009-05-29 22:12 | 長女のこと
ありがとう
運動会の練習が始まりました。

昨年、リレー選手にも選ばれ、楽しそうに運動会に参加した長女は、
その約2週間後から不登校になりました。
運動会の感想文は生き生きとした文章を書いていたのに。

昨日、今年もリレー選手に選ばれたことを、とてもうれしそうに話してくれました。

毎日忙しくも楽しそうに過ごしている娘を見ていると、
もう学校に対する不安はないと思いますが、
私は、昨年のことを思い出して、なんとも言えない苦しい気持ちになります。



今日は学校から帰った後、明後日の遠足のおやつを買いに
友達7人で出掛けて行きました。
前のクラスのメンバーです。
友達に囲まれている姿を遠目に見つけて、
また感謝の気持ちになります。



最近、娘は私に向かって事あるごとに 「ありがとう」と言います。

週末遊びに出掛けた帰り道
「楽しかった。連れて来てくれてありがとう!」

買い物に付き合ってあげると
「付きあってくれてありがとう!」

頼まれたものを買ってきてあげると
「買ってきてくれてありがとう!」

娘の大好きな料理を食べた後
「おいしい料理作ってくれてありがとう!」



辛い経験があるからこそ、小さなことに感謝できるのだと思います。

こちらこそ、乗り越えてくれて、ありがとう!
大切なことに気付かせてくれて、ありがとう!
[PR]
by marguerite5 | 2009-04-28 22:42 | 長女のこと
娘の持病について
再登校から2か月が経ちました。
今年に入ってから、登校に関しては不安もなく、
少々の想定外のことにも上手く対応しているようです。

本当に、給食以外のことは心配なさそうです。

その給食ですが、支援の先生とも相談して、
登校も順調なので、そろそろ声掛けしてもいいのでは・・
とのことで、私から話を切り出すことになったのですが、
なかなか言い出せません。

出来れば、クラス替えの前に、娘のことを理解してくれている
クラスメイトの中で、少しずつでも練習して食べられるように
なったらいいのですが。

近々、頑張って話してみます。










今日は久しぶりに娘が自分の持病のことを話したので、こちらでは初めてですが
書いておきます。


娘は、簡単に言うと心臓病です。
生まれつき、心臓に穴があいていて、それをふさぐ手術を1歳の時に受けました。
この病気自体は珍しくはなく、生まれてきた子100人に一人くらいの割合で
いるそうですが、穴が小さく、自然に塞がったり、体が大きくなって小学生くらいになってから
手術を受けて、その後は完治して、健常者と同じ生活がおくれる人も多い病気です。

が、娘は穴の大きさが大きく、ふさがるどころか、どんどん大きくなっていったので、
1歳という小さい年齢でも、手術することになったのです。

手術は無事に終わって穴がふさがって安心したのもつかの間、
術後、不整脈になってしまいました。
脈が、不規則で、普通よりも遅めなのです。
もともと脈の信号を出す部分に異常があることと、手術時に出来た傷が
原因ではないかということです。

不整脈とは言っても、すぐに命にかかわる訳ではなく、
運動は普通にしても良いとのことで、不幸中の幸いでした。


ところが、術後2年くらい経った時、突然頻脈の発作を起こしました。
1分間に200~300回も脈を打つ、いわば「けいれん状態」です。
娘には自覚症状はなく、定期健診で受けた心電図でわかったのです。

頻脈の発作を抑えるためには、除細動(AED)をかけます。
もちろん、親の見えないところでです。
身を削られる思いでした。


初めての発作後、不定期に再発します。
3か月後だったり、半年後だったり、1年後だったり・・

それが、幼稚園年長の3学期、頻繁に発作を起こすようになります。
ひどい時には、発作がおさまって、家に帰ってまたすぐに発作で
病院へ戻る・・ということもあって、生きた心地がしませんでした。

入院には私が付添ました。妹弟は、発作が起こる度に、
実家の両親に引き取ってもらいました。
実家が近いのが幸いでした。

結局、その3月~5月の間に、9回もの発作。
繰り返す入退院とAED・・
「もしものことがあるかもしれない」という承諾書に何度もサインをし、
涙は涸れることはないんだなと思いました。

幼稚園卒園式は入院中だったので、病院から外出して式だけ出席しました。
もう娘の身も心も限界と思い、最終手段である、カテーテルによる
手術を受けることにしたのです。
カテーテル手術は切開せずに、足から管を通して、発作の刺激を出す回路を、
最新の医療機器と、医師の技術によって遮断するものでした。

この技術はここ数年で革新的に進歩した手術で、
これが10年前だったら娘はどうなっていたかわかりません。
経験豊富な病院と、腕のいい医師に巡り合えたため、
手術は成功しました。
娘はその後を発作を起していません。

この手術・入院が、小学1年生の5月中旬~6月初旬の3週間でした。
思えば、入学直後の長期入院で、よく学校にスムーズに戻れたものでしたが、
持病があることで、娘には対応が甘くなっていたと思います。


娘の不整脈(不規則で遅い脈)は今も続いています。
これは一生付き合っていかなければなりません。
主人が単身赴任している訳は、娘がまたいつ発作を起こすとも限らないので、
今かかっているとても信頼している病院と、医師から離れられない為です。


娘も辛い経験が人よりも多い分、不登校も経験として
ひと回り大きく成長してくれたらなと思います。
そして、私たち親もまた成長しなければ!
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-30 23:20 | 長女のこと