<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
冬休み
今年もとうとうあと1日になりました。
日記は今日が最後です。

冬休みに入ってから、娘は・・

学校の宿題の書き初めと、公文式の宿題8日分を
早々に終わらせたようです。
黙って自分の部屋にこもって全部やってから、
妹に、
「もう、ぜーんぶ終わっちゃった!」と言って、
優越感に浸っていました・・

常に妹よりは上に立っていたい、姉のプライドですね。
ちょっと感じ悪いですけど。

妹も、それにつられてか、早めに宿題をやっていましたので、
結果オーライです。

新学期の登校については、今のところ心配なさそうな感じです。



今年は、2月に祖父が、3月に義父が他界し、その後の娘の不登校。
その他にも辛いことがたくさんありました。

どんな時でも、自分の気持ちの持ち方次第で、
向かう方向が変わってくると実感した1年でした。

そして、いつもにも増して、たくさんの方々に関わっていただき、
助けていただいた1年でした。

感謝感謝です。

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-30 23:11 | 再登校後
終業式!
今日、無事に終業式を迎えました。
11月28日の再登校以来、一日も休まず登校できました。
今日も帰宅後、友達と外で遊んでいました。
とてもいい感じの最終日でした。

ご報告と、感謝の気持ちをお伝えすべく、支援の先生にお電話しました。
娘の順調な様子を喜んでくださいました。

再登校の時には、冬休みのことがとても気にかかっていましたが、
今の娘の状態だったら、来年の始業式もきっと大丈夫。
そう思えます。
休み中も、私が対応をまちがえないようにしなければなりませんが。


ちょっと気にかかっていた、通知表。
担任の先生からも、「どうしても、今までよりは下がりますから、
そのつもりでいてください。」と言われていました。
2学期は、一か月弱しか登校していないのですから、当然のことです。

登校後の心配事は、全て支援の先生にお話しして、前もって釘を刺してもらうのですが、
頑張り屋で、プライドの高い娘なので、テストや成績のことについても、

「長い間休んでいたから、テストが悪かったり、成績が下がったりするけれど、
仕方がないと諦めなければならないこともある」

と説得してもらっていました。


夜になっても、一向に通知表を持ってきません(^^;)
もう外に遊びに行っている間に見ちゃいましたけど・・
休んでいた割には、十分な内容でした。
担任の先生は成績をつけるのに、苦労したと思いますが・・

私にとっては、成績はどうでもよかったです。
それよりも、出欠席欄の、12月のところが欠席0だったのが、
何よりもうれしくて・・(*^-^*)

無事に、2学期を終えることができ、関わってくださったみなさんに感謝です!
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-25 21:43 | 再登校後
妹の欠席
終業式の前日の24日、妹が学校を休みました。
前日から吐き気があり、食事が全く採れなかったので、
熱はないけれど、仕方なく欠席しました。

長女:「あと2日なのにね~」

ちょっと余裕が出てきたセリフです。

実は、登校刺激の当日、同じような症状で妹が学校を休んだのでした。
ちょっと予定外のことで私や、支援の先生方はとまどいましたが、
ちょうどいい機会だから・・と、先生に釘を刺してもらいました。

昼頃にはすっかり回復していた妹は、元気に部屋で遊んでいました。

支援の先生は、
「学校を休んだのに、なんで寝ていないのか・・」と。
妹は慌てて寝ました。

学校を休んだら、寝ていないとダメ。
たとえ回復しても、絶対外では遊べない。

きつく言っていただきました。

その時のことをしっかりと覚えているようで、
ずっと布団の中でおとなしくしていました。

それほど、学校は簡単には休んではいけないところ、ということがわかったようです。

小児科で薬をもらって飲んで、すっかり体調がよくなってからは、
さっさと翌日の学校の支度をしていました。

今まで、欠席した時の私の対応が甘かったことを反省して、
今後は、しっかりと対応したいと思います。
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-24 20:44 | 姉弟間のこと
作戦成功!
今朝の娘の挑戦。

昨日8時に寝た甲斐があって、6時には目を覚ましたようです。
今まで、頑張って食べられても、出掛ける間際に吐いてしまって、
結局お腹は空っぽの状態で登校していたのですが、
今日は、6:40頃から食べ始め、そのまま気持ち悪くもならず、
出掛けて行きました!

娘の作戦、成功です♪

出掛けるまで、私は気にするまい気にするまい・・と思いながら、
思いっきり気にしてました><

この調子で、少しずつ食べる量が増えていけばいいなと思います。
このまま早起きが続くということですね・・(^^;) ← 朝弱い人









子供の不登校は親にとってはかなりのストレスだと思いますが、
私も体調に異変があったことが後になってわかりました。
髪や、爪に、一時期 異常が現われていたようです。
過剰なストレスによるものではないかと思いますが・・
簡単に書くと、目立つほどではなかった白髪が一気に増えました。
でも、後に、根本が黒く戻っている髪が多くあることに気付きました。
爪は、色が変わって変形している部分が筋のようにあります。
その後生えてきた部分は元に戻っています。
体は正直ですね・・ 
気力も体力も、下降線をたどる一方ですが、
元に戻ろうとする力がまだ私にもあるんだ・・・
なんて、ちょっとうれしく思いました。






8月、9月の頃のことを書きました。
当時を振り返りながら、もう二度と戻るまい、と思いながら。
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-20 01:47 | 再登校後
娘の挑戦!
明日で再登校後 3週間になります。
登校してからの毎日は、あっという間でした。

毎日、学校での出来事をうれしそうに話してくれます。
このところ、テストが多いのですが、授業を受けていないところは、
前日にちょこっと勉強をしてから受けているようです。


今日まで朝食はほとんど食べず、給食は一口も食べずに過ごしてきたわけですが、
それはそれで、大したものだと思います。

今日は、担任の先生に、
『給食食べないのも すっかり慣れたでしょう^^』 と言われたらしく、
うれしそうに話しました。
「このままでもいいんだ」と、ちょっとまた安心したんだと思います。

ただ、さすがに家に帰るまでにお腹がすくので、
給食は食べないにしても、朝食がなんとか少しずつでも食べられるようにならないかと、
娘なりに考えたようです。



娘: 『お母さん、明日早起きしてくれない?』

私: 『早起き?どうして?』

娘: 『早くご飯食べたいの。』

私: 『ご飯?食べてみる?』

娘: 『うん。ご飯食べないから朝気持ち悪くなるのかなと思って。
    早めに食べて、出掛けるまでに時間があれば、気持ち悪くならないかな、と思って。』

私: 『あー、なるほどね。じゃあ、明日は早めに支度するね。』

娘: 『うん。でもたくさん用意しなくていいから。お味噌汁と、フルーツぐらいで。』

私: 『わかった。』

娘: 『じゃあ、早く寝るね。』


と、いつもは9時に寝るところ、8時に寝ました。

朝食が少しでも食べられれば、負担もだいぶ軽くなると思います。
6:40頃に食べたいというので、私も早起き頑張ります^^

前に進もうとしている娘よ! 頑張れ!
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-18 21:30 | 再登校後
再登校後2週間が経ちました
無事に2週間が経ちました。

先週半ばから朝も落ち着き、気持ち悪いとも言わないし、
嘔吐もしません。

今日は少ーし朝食も食べました。

給食は相変わらず一口も食べていません。


先週、友達6人からカードを綴ったものをもらってきました。
帰ってきて、まっすぐ私のところに来て、
『これ、もらったの』 と言ってカードを見せてくれました。


c0181642_22484117.jpg


c0181642_22491025.jpg


c0181642_22492545.jpg


c0181642_22494866.jpg




カードをくれたお友達にはもちろん感謝ですが、
カードをまっ先に見せてくれた娘・・
友達の気持ちに応えられる自分だから、
私に見せられたのだと思います。

『私はもう大丈夫』 と言っているように思えました^^
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-15 23:04 | 再登校後
久しぶりのお姉さん^^
心配事を一通りクリアしたのか、
今朝は 気持ち悪そうにはしていないし、嘔吐もしませんでした。

朝食はまだ全然食べられないし、給食も全く手をつけていませんが。

それでも、元気に出掛けて行っています。





昨日は久しぶりにカウンセラーのお姉さんが来てくださいました。

お姉さんが来てくれてうれしい!を表現する前に、
妹、弟がはしゃぐので、いつも一歩引いた感じになってしまいます。

「お姉さんは私のために来てくれているんだからね」なんて言ったこともあって・・
独占できないもどかしさがずっとあったようです。


お姉さんは、娘の状態を確認してくださり、今後の学校のスケジュールや、
心配の種になりそうなイベントはないか・・ などのチェックをしてくださいました。

そして、いつも通りゲームなどをして遊んでいました。
もう、すっかりお馴染みの光景です。


お姉さんの帰り際には玄関まで見送っていた娘ですが、
今日はタイミング悪く始まった「ポケモン」のせいもあって、
リビングのソファから手を振ってお別れでした・・


登校してしばらく慣れてくると、ある程度お姉さんとの間に距離ができるようになるそうです。

●お姉さんを頼らなくても自分で学校へ行くことができるようになった
●学校の友達と遊べるようになったので、遊び相手に不自由していない
●学校へ行っていない子の所へ遊びに来るので、自分は学校へ行けているという
 気持ちで距離を作ってしまう・・

などの理由があるそうです。

女の子は特に多く、プライドが高いほどよく出るそうです。

なんだか切ないですが・・

娘は巣立ちに備えて、飛ぶ練習をしているのかな。
私の方が飛び立つまでに時間がかかりそうです・・
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-12 13:37 | 再登校後
昨日の投稿内容について・・
昨日の投稿内容について、支援の先生よりコメントをいただきました。

是非ご覧ください! → コチラ

デリケートな内容のブログにも関わらず、配慮が足りず申し訳ありません。
不登校に関しては、考え方も、状況も人それぞれです。

同じように エンカレッジで支援を受けたとしても、
先生方の専門的な知識、分析力、ご経験をもとに、
100人の子どもがいれば、100パターンの対応がある訳です。
我が家の場合は・・ ということで参考程度にしていただければと思います。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-09 21:23 | 再登校後
登校7日目
不登校は体調が悪いから・・ということになっていたので、
再登校後も、しばらくは体育は見学させてもらっていました。

実際、体育の授業の前になると、不安からか気持ち悪くなっていたそうです。

でも、最近は休み時間に校庭で走り回って遊んでいるようだし、
いつまで休むかな?と思っていました。

週も明けたところなので、

「体育は今日も見学する?ずっとこのまま見学っていう訳にはいかないよね?
いつからやるかは、自分で決めていいんだけどね。」

と言うと、

「うーーーーーん。」と考えこんでいました。

今日は、久しぶりのクラブ活動もあったので、バドミントンクラブの娘は、
体育を見学するなら、クラブも見学しなければ・・というのがあって
悩んでいました。



そのことを考えると不安なようで、朝また気持ち悪いと言って嘔吐しました。

嘔吐はすっかり慣れました。娘は慣れないでしょうけど・・

「1ヶ月間ずっと吐きながら学校行っていた子もいましたよ。」と、
支援の先生から聞いたこともありましたし。

どうするか結論が出ないまま、出掛けて行きました。






*  *  *





『ただいまー!』



この一言で、今日の学校がどうだったかが だいたいわかります^^


『今日、体育やった! 縄跳びやったよ。ハヤブサと、後ろ二重跳びやったんだけど、
私、もうできるようになっちゃった! クラブもやったよ。試合やったの。楽しかった!』


また一つ、壁を乗り越えたようです。




今、娘への対応がちょっと甘くなっていることに不安を感じ、
支援の先生にご相談したところ、今の娘の状態を見て、

対応は甘くなってかまいません。問題所有の原則は今は考えない方がいいでしょう。
共感を中心に対応でいいと思います。


ということです。
まだまだ対応に迷うことが多く、先生に頼りっきりです・・




以下、12月9日に追記

このご指導に関して、支援の先生よりコメントをいただきましたので、
掲載させていただきます。


本人の性格やその日の状態を見て添削をしているので、
問題所有を考えなくてもいいと言ったのは、本人ががんばりすぎる性格だから
今は考えなくてもいいとの判断になりますが、甘えが強くて自立ができていない子は、
問題所有を考えずに共感ばかりすると甘えが出すぎて逆によく
ないので登校初期でも問題所有で考えた方がいい場合もあります。


とのことでした。
共感の仕方についても、会話の流れからここの場面ではこのような共感がいいかなとの判断をしてくださっているので、我が家の場合は・・・ ということで
参考程度にしていただけたらと思います。
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-08 22:00 | 再登校後
登校6日目
昨日、気持ち悪くなって保健室に行った 「算数」 の授業。

今日も算数があったので、
今朝は不安を訴えてまた泣きました。

担任の先生ではない専科の先生の
授業ということが不安なようです。

結局、涙を拭いて、今日も頑張って出掛けて行きました。

さっそく支援の先生に相談の電話を。

算数の授業のたびに保健室というのは困りますが、
まだまだ登校6日目。継続登校するために、大目にみてあげることもありだということです。
ただ、始めから保健室直行ではなく、一応席に座って授業を受けるつもりでいて、
気持ちが悪くなったら、手を上げるだけでササーっと退室できるように、
専科の先生にお願しておくといい・・ということでした。





*  *  *




さて、元気に帰宅した娘。

『給食は食べなかった。算数は授業出たよ。簡単だった!』

あらあら、給食はまだまだ仕方ないにしても、
算数は心配することなかったね。
再登校して、いろいろな壁にぶつかりますが、
想像の方が大きく膨らんでいるので、
やってみたら案外平気だった・・ということがけっこう多いんですよね。

とはいえ、この時期テストは多いし、乗り越える壁はまだまだあります。


あ~、無事に再登校から1週間が経ちました。
1週間が一つの目標だったので、とてもうれしいです。
ひと通りのカリキュラムをこなしたことになりますし。
娘も自信がついたことと思います。
ずっと見守っていてくださったみなさん、ありがとうございました。


帰ってから、すいすい宿題をやっていたので、
来週も大丈夫かな・・
[PR]
by marguerite5 | 2008-12-05 23:59 | 再登校後