<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
難しい共感と受容
インフルエンザが流行っています。
学校でも幼稚園でも。

次女のクラスでは昨日7人欠席で、2人早退したそうです。
我が子たちはみんな元気です。
私が上着のことに関して口出ししなくなって初めての冬ですが、
みんな薄着で出掛けても、風邪ひとつひきません。
これまで、「寒くなりそうだから、暖かい上着着てってねー」などと
声掛けしていたのは、まったく必要のないことだったとよくわかりました。







不登校になる数か月前から、娘は夜7時半頃には疲れて眠くなって、
お風呂にも入れず寝てしまうことが多々ありました。
今思えば、娘のSOSだったんです。
そんなとき、同じ4年生の友達は塾や習い事で娘よりも
ハードな生活なのに、どうしてそんなに早い時間に疲れて寝てしまうの?
だらしない! と全く娘の気持ちに共感してあげられませんでした。
精神的な疲れを癒してあげるどころか、追い込んでしまっていたんです。

今は、10時まで起きていても、しっかり6時半には自分で起きてきます。
しっかり心身の疲れを取って、翌日リセットできているんですね。
心と体はつながっているんだなと思います。







娘との会話を気をつけ始めてから、共感と受容の会話は癖になるくらいに
リズミカルに出来るようになりました。
それが、娘にとって心地いいのか、夕方私が料理をしている間、
娘はキッチンに来て、ずっと学校や友達のことを話しています。

支援の先生にも会話は上手に出来ているけれど、
共感しすぎると、さらにそれ以上の共感を求めるようになったり、
甘えが出てきたりするので、そういう場合は共感を控えたり、
もっと現実的な会話も必要だ

とアドバイスいただきました。

難しいですね。確かに、学校や友達との会話は、そんなに気持の良い
返事ばかりが返ってくるとは限りませんから、家庭と学校とのギャップが
出来ると、また怖いことになります。

反射的に飛び出してしまう共感の言葉も、娘の様子をみて、
ほどほどに使わないと・・と思います。
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-31 23:50 | 日々のこと
娘の持病について
再登校から2か月が経ちました。
今年に入ってから、登校に関しては不安もなく、
少々の想定外のことにも上手く対応しているようです。

本当に、給食以外のことは心配なさそうです。

その給食ですが、支援の先生とも相談して、
登校も順調なので、そろそろ声掛けしてもいいのでは・・
とのことで、私から話を切り出すことになったのですが、
なかなか言い出せません。

出来れば、クラス替えの前に、娘のことを理解してくれている
クラスメイトの中で、少しずつでも練習して食べられるように
なったらいいのですが。

近々、頑張って話してみます。










今日は久しぶりに娘が自分の持病のことを話したので、こちらでは初めてですが
書いておきます。


娘は、簡単に言うと心臓病です。
生まれつき、心臓に穴があいていて、それをふさぐ手術を1歳の時に受けました。
この病気自体は珍しくはなく、生まれてきた子100人に一人くらいの割合で
いるそうですが、穴が小さく、自然に塞がったり、体が大きくなって小学生くらいになってから
手術を受けて、その後は完治して、健常者と同じ生活がおくれる人も多い病気です。

が、娘は穴の大きさが大きく、ふさがるどころか、どんどん大きくなっていったので、
1歳という小さい年齢でも、手術することになったのです。

手術は無事に終わって穴がふさがって安心したのもつかの間、
術後、不整脈になってしまいました。
脈が、不規則で、普通よりも遅めなのです。
もともと脈の信号を出す部分に異常があることと、手術時に出来た傷が
原因ではないかということです。

不整脈とは言っても、すぐに命にかかわる訳ではなく、
運動は普通にしても良いとのことで、不幸中の幸いでした。


ところが、術後2年くらい経った時、突然頻脈の発作を起こしました。
1分間に200~300回も脈を打つ、いわば「けいれん状態」です。
娘には自覚症状はなく、定期健診で受けた心電図でわかったのです。

頻脈の発作を抑えるためには、除細動(AED)をかけます。
もちろん、親の見えないところでです。
身を削られる思いでした。


初めての発作後、不定期に再発します。
3か月後だったり、半年後だったり、1年後だったり・・

それが、幼稚園年長の3学期、頻繁に発作を起こすようになります。
ひどい時には、発作がおさまって、家に帰ってまたすぐに発作で
病院へ戻る・・ということもあって、生きた心地がしませんでした。

入院には私が付添ました。妹弟は、発作が起こる度に、
実家の両親に引き取ってもらいました。
実家が近いのが幸いでした。

結局、その3月~5月の間に、9回もの発作。
繰り返す入退院とAED・・
「もしものことがあるかもしれない」という承諾書に何度もサインをし、
涙は涸れることはないんだなと思いました。

幼稚園卒園式は入院中だったので、病院から外出して式だけ出席しました。
もう娘の身も心も限界と思い、最終手段である、カテーテルによる
手術を受けることにしたのです。
カテーテル手術は切開せずに、足から管を通して、発作の刺激を出す回路を、
最新の医療機器と、医師の技術によって遮断するものでした。

この技術はここ数年で革新的に進歩した手術で、
これが10年前だったら娘はどうなっていたかわかりません。
経験豊富な病院と、腕のいい医師に巡り合えたため、
手術は成功しました。
娘はその後を発作を起していません。

この手術・入院が、小学1年生の5月中旬~6月初旬の3週間でした。
思えば、入学直後の長期入院で、よく学校にスムーズに戻れたものでしたが、
持病があることで、娘には対応が甘くなっていたと思います。


娘の不整脈(不規則で遅い脈)は今も続いています。
これは一生付き合っていかなければなりません。
主人が単身赴任している訳は、娘がまたいつ発作を起こすとも限らないので、
今かかっているとても信頼している病院と、医師から離れられない為です。


娘も辛い経験が人よりも多い分、不登校も経験として
ひと回り大きく成長してくれたらなと思います。
そして、私たち親もまた成長しなければ!
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-30 23:20 | 長女のこと
お友達の再登校とミニ音楽会
22日(木)、お友達のお嬢さんが無事に再登校されました。
前日から、私の頭の中には自分の娘の時のことがフラッシュバック・・
忘れっぽい私でも、さすがに当日のことは鮮明に思い出します。

時計を見ながら、「今頃は・・、今頃は・・」と光景を想像しながらドキドキしていると、
お忙しい中、「無事に登校しました」とメールをいただきました。

万歳~!!

今月はエンカレッジで支援を受けられているお子さん3人の再登校があったそうですが、
みなさん無事に登校されたそうです。

本当にすごい!!

これからは、継続登校を頑張る仲間です。







今日は、学校でミニ音楽会という発表会がありました。
1,2年生は歌を1曲、3~6年生は、歌と楽器の演奏で2曲の発表をしました。

冬休み中から意欲的にリコーダーの練習をしていた娘ですが、
「ミニ音楽会くるの? 来てもいいよ別に~」 という言葉が、
「来てね」に聞こえました^^

たまたま休暇がとれた主人も一緒に見に行ってきたのですが、
4年生の中に娘の姿があって、生き生き歌っている姿を見て、涙がこみあげてきました。

帰り道、主人とあらためて今の幸せを噛みしめました。
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-23 23:16 | 日々のこと
お友達が明日再登校!
同じ地区で、同じくエンカレッジの支援を受けられている方の
娘さん(3年生)が、明日いよいよ登校です。

我が家より約1か月後に支援を開始され、
順調に今日までこられました。

同じように不登校児を抱えた方と知り合いになれたことが
幸運でしたし、私もとても心強かったです。
何度か直接お会いして、語り合って、分かち合って・・
私にとって大切な同志です。

何度かブログやコメントでお話していたので、
「何だか皆さんに守られているようで嬉しかったです」と
おっしゃっています。

経験者は、みんな自分の時と同じ気持ちで上手くいくように、
ドキドキしながら見守っているのです。

明日、無事に再登校できますように!
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-21 21:47 | 日々のこと
提案について
娘は、楽しく学校に行っています。

昨日は、他のクラスも一緒にランチルームという
大部屋で食べる、月に一度の交流給食があったのですが、
「明日交流給食なんだよねー。どうしようかなー。」と
ボソッと言いいましたが、独り言のような小さな声だったので、
私は聞こえないふりをしました。
元気に出掛けて元気に帰ってきたので、なんとかしたんだと思います。





さて、エンカレッジの代表の先生が書かれているメルマガが発刊されました。
今回は、「提案について」です。

ブックマークにある、ノエルさんのブログに詳しくご紹介されていますので、
ご覧くださいね。
(ノエルさん、勝手にすみません・・)


不登校前には、私もそれはそれは、指示や提案を子どもたちにたっぷりとしていました。
そのせいで、自分で考える力を奪ってしまっていたんです。

それをピタッとやめたことを、長女は十分に理解して、
もうまず私に頼ることはしなくなりました。


今、一番喉まで言葉が出かけるのが、外出の際の上着のこと。
寒がりな私は、以前なら「今日寒くなりそうだよ。暖かい上着着て行って。」などと
言って、持ってきて渡していました。

長女は最近は、朝刊の天気欄をチェックして、気温と雨の確立を
見て上着や傘をどうするか考えています。

一方次女は、上着を着ずに出かけることも多々あって・・
それでも今のところ風邪をひかないので、そんなものなんですね。
体感温度も違うんですから、大きなお世話なんですよね。


いろいろと対応を変えてきましたが、
子どもが変わるためには、提案をやめたことが一番大きなことだった
ような気がします。
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-15 11:08 | 日々のこと
始業式無事に登校しました
気を引き締めなおしていく・・と書いたばかりなのに、気が緩んでいますー。

昨日、支援の先生からお電話をいただきました。

「始業式の登校の報告がなかったのは、マーガレットさんだけですけど・・」 と。

ヒャーーーー!!(><)
生徒失格ですー!

まだ支援を受けている身。
全くなっていません!

反省反省。
先生、ご心配おかけしました!



始業式、元気に登校しました。
宿題も、持ち物も、私は一切口出しせずに、
自分で準備して出掛けました。

ランドセルで行くか、手提げで行くか、悩んでいましたが、
友達がどちらで来ているか確認して、友達に合わせて
手提げで出掛けました。

以前なら、どうしたらいいか、まず私に聞いていたと思います。
段々と私に頼らず、自分で解決できるようになっているようです。

昨日から始まった給食は、先生に「牛乳を飲んでみない?」と言っていただいて、
半分だけ飲んだそうです。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、頑張れ!!


今月は、スポーツで記録に挑戦する、スポーツギネスと、
ミニ音楽会で、学年ごとに発表会があるので、
縄跳びの練習や、リコーダーの練習を冬休み中から頑張っていて、
意気込んでいるようです。

この調子で、充実した新学期を過ごしてくれたらいいなと思います。
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-11 00:23 | 日々のこと
今年もよろしくお願いします
新年もあっという間に1週間が過ぎました。
みなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。


例年、年末年始は主人実家に帰省するのですが、
今年は喪中ということもあり、珍しく自宅でのんびりと過ごしました。

この冬休みは、「不登校」という弱みがなくなった娘は、
家の中で親分となり、私が黙っている代わりに、
妹弟に対し、それはそれはやかましく取り仕切っていました。

「はさみを床に置かないの!危ないでしょ!」
「ご飯の食べ方が汚い!」
「この、脱ぎっぱなしの服は誰!」
「もっとちゃんと手を洗いなさい!」
などなど・・

真面目で潔癖症なので、よくいろんなことに気付きます。
私は大ざっぱな性格なので、以前からそれほどうるさく言う方では
ないのですが・・・

姑になったら怖そうです・・(^^;)




昨年のクリスマスにサンタさんからWiiが届きました。
妹弟もいるので、今まで頑張って遠ざけていたゲームですが、
さすがに4年生の娘の友達で、DSやWiiなどのゲームを持っていないのは、
娘だけになってしまい、とうとうサンタさんに頼むことに決めたのです。
我が家にとって、初めてのゲームです。

時間の問題や、子供の間のバランスなど、いろいろな問題が出てくることは
目に見えていましたが、ある程度のルール決め
「学校がある時は宿題をしてから」、や、「夜は9時まで」などして、
子どもの間の時間配分や、もめごとが起こった時などは、
私は一切関与しないことを伝えて、あとは子供たちに任せることにしました。

すると、お風呂が2日に一度ペースだった妹は、姉に「お風呂入らないと
Wiiはやらせない!」と言われ、毎日きちっと入るようになり、
「夜は片づけをしてからでないとしない」という取り決めをしたようで、
夜、部屋がきれいになりました^^

ゲームの効果で、生活態度が改善されることが、良いのか悪いのかよくわかりませんが、
私は一切口出しをしていないので、良いことにしようと思います。

これだけ、厳しい姉に毎日仕切られて、妹、弟は、ストレス耐性が
自然と身に付くことと思います。




さて、明日は始業式です。
娘は、早々に書き初めの宿題と学校の支度を済ませていました。
今日も、なんだかウキウキとしているように見えました。
明日の登校、心配なさそうです。

たった一度、「給食このまま食べなくてもいいのかな?」と
聞いてきました。

「う~ん、成長期の体のことを考えるとお母さんは心配だけれど、
自分で考えて決めていいのよ」
とだけ言いました。

まずは、明日の朝食がどれくらい食べられるか、です。



また明日から私も気を引き締めなおしていきます。
[PR]
by marguerite5 | 2009-01-07 23:38 | 日々のこと