<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
再び欠席
昨晩の熱は朝になっても下がらず、
今日も欠席しました。

38度を超えたかと思うと、37度2分くらいまで下がったりの繰り返しです。

昨日のことが教訓になって、

「お母さん、明日は朝熱がなくても学校休むね。
それで、金曜日は行く。」

経験して学んだようです。

昨日は熱が下がったので油断して、お風呂にも入って、
10時までテレビを観ていましたから、反省したようです。

今日は、学校と公文の宿題もやらないと決め、ひたすら休養。
お風呂もやめておいて、8時半には寝ました。


早く回復してくれることを祈るのみです。
とても冷静な娘を、安心して静かに見守っている私です。
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-25 21:49 | 再登校後
再登校後初めての欠席
とうとう学校を休んでしまいました。

22(日)の晩から38度を超える発熱。
21(土)から弟が先に発熱しており、たぶん移ったんだと思います。
病院に行ったら、二人ともインフルエンザは陰性でした。

持病がありつつも、風邪はめったにひかないのが
自慢でもあったのに、かなり落ち込んでいました。
しかも、不摂生の妹は元気で、それがまたくやしかったようです。

23(月)、朝も37.8度だったので、当然学校は休み。
私もガックリでしたが、私よりも娘の方がガックリしていました。

不登校時の感覚が戻りそうで怖かったのですが、
幸いにも?弟も幼稚園を休んで家にいたので、
不登校時とは違う雰囲気に救われました。

30分おきに体温を測り、上がったり下がったりに一喜一憂していましたが、
早く下がってほしいという気持ちが伝わってきました。


そして今朝、熱を測る前から体調が元に戻っていないことで、
学校は無理そう・・と言っていたのですが、
朝食を食べて熱を測ると、36.9度で、(平熱が36.8度と高めです・・)

「下がった!行ける!」

と言って、慌てて支度をして出掛けて行きました。

弟の様子を見ると、まだ上がったり下がったりが続いていて、
娘も同じようにまた上がるのでは・・と思いましたが、
ここは娘の判断に任せました。

すると、ぐったりして帰ってきて、熱を測ると37.6度。
やっぱり上がってしまいました。
また落ち込んでいましたが、その後、ごろごろして体を休めていました。

夜になって37.0度に下がって、また

「下がった!」

と喜んでいましたが、明日はどうでしょう。

どちらにしても、「早く元気になって学校に行きたい」という気持ちが伝わってきて、
娘は強くなったなと、感心しました。
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-24 21:37 | 再登校後
給食日記
給食を食べることを、どうやって励ましていくか・・
以前、支援の先生から、

「食べたものを記録をして、シールなどを貼ったらどうか。
頑張ったときには、ちょっといいシールにするなど・・」


とアドバイスをいただき、さっそく娘に話したのでした。

私: 「食べられたものを日記とか手帳とかに記録したらどう?
   で、頑張れた時にはシールを貼るとか・・」

娘: 「えー、いいよー。だったらお母さんが記録してよ」

私: 「わかった。じゃあ、お母さんの手帳に記録するね^^」


ひょっとしたら 「嫌だ」と言われるかな?と覚悟して言ったのですが、
「お母さんが記録してよ」にはびっくりました。
記録する・・ ということは、記録するために、その日何を食べたか
聞ける理由になるので、ちょっとラッキーと思いました。
ただ単に食べた物が知りたくて聞かれるよりはいいかな・・と。


ということでつけ始めた給食日記。
帰ってから食べた物を聞いて記録すること2週間。
そろそろ聞く方も、聞かれる方も、「しつこい??」と思ってきました。

毎日何か食べられているということがわかりましたし、
これ以上聞くのはプレッシャーになるかなと思い、
ある日から、聞くことをやめました。

娘: 「お母さん、給食何食べたか聞かないの?」

私: 「あー、もう毎日何か食べられていることわかったし、
    記録しなくてもいいかな?と思ったんだけど。」

娘: 「ふ~ん。」


私が思っているほど、聞かれることが嫌ではなかったようです。

というのも・・・



c0181642_22214026.jpg




17日までは私が記録したもの。

いつの間にか、娘の字で、18日、19日に記入してあるではないですか!

いや~、かわいい娘です。

(すみません^^;)


* あっ、10日の (学)休み というのは、娘が欠席した、ということではなく、
  学校の創立記念日でお休みなのでした。娘はまだ再登校後一日も休んでおりません♪
  ご心配なく~^^
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-19 22:27 | 再登校後
子供ケーキ教室へ
祝日の今日、娘は友達にケーキ教室に誘われました。
3日ほど前に、とてもうれしそうに詳細が書かれたプリントを私に見せました。

プロの先生が、自宅でお教室をされているのです。
親の付き添いはなしで、子供だけのお教室です。
バレンタイン前なので、作るのはチョコレートケーキです。

話を聞いた時、ちょっとびっくりしました。
まず誘ってくれたメンバーが、いわゆる仲良しグループの子では
なかったこと、食べ物関係にひっかかっている娘が
外で調理?と。もちろん試食もあるでしょうし。

講習費&材料費は2500円。
お教室代としては普通かもしれませんが、子どもに掛けるには
お安くありません。
でも、今の娘にとってはいい経験になるなと思いOKしました。


娘は、うれしい反面、想像するといろいろな不安も出てきたようで、
「やっぱりやめておけばよかったかな~」と前日まで言っていました。


そして、当日。エプロンや持ち帰り用のタッパー、タオルなどを準備。

娘: 「試食しなくてもいいかな~?家に帰ってから食べようかな?」

私: 「無理はしなくていいと思うけど、せっかく作ってみんなと試食しないのも
    寂しいよね。いい機会だから練習のつもりで少し食べてみたら?」

娘: 「そうだね・・」



支援の先生のアドバイスに基づき、壁となっている給食や食事に関しては、
背中を押してあげるつもりで少しずつ提案をしていますが、
反発をすることはありません。



出掛ける直前に 「気持ち悪い~」 と言いました。

でも、やっぱり元気に 「行ってきます!」 と言って出掛けました。







帰って来て、「楽しかった~! 試食もしたよ。」 と。

あっ、ちなみに、まだチョコをあげたい男の子はいないようです(笑)
お父さんと、弟にバレンタイン用としてあげる分と、
私と妹のお土産用をラッピングまでして作って来ました。




そして、帰ってすぐに一緒にケーキ教室に行った友達から電話があり、
その子のお宅へ遊びに飛んで行きました。
普段学校では一緒に遊んでいない子なのですが、
気にする様子もなく、楽しんで帰ってきました。

また一つ経験を積んだ一日でした。
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-11 21:54 | 再登校後
今日の給食
9日の給食は、「豚汁」を食べたそうです。
サラダもあったのですが、担任の先生が、

『たまにはサラダじゃなくて「豚汁」でも食べてみない?』

と声を掛けてくださったそうです。

親が声をかけるのは難しいですが、先生が上手に少しずつ
挑戦させてくださっているので、とても有難いです。

残りあと約1か月、今のクラスのうちに、今の担任の先生のうちに、
少しでも量が食べられるようになるといいなと思います。
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-09 10:40 | 再登校後
支援の先生との再会
昨日は、同じ地区で支援を受けられてお嬢さんが無事1月22日に復学された☆さんと、
カウンセラーのお姉さん先生と、近くのお店でお会いする約束をしていました。

不登校中とは気持ちが全く違いますし、こんな形で同じく支援を受けて復学された方と
お姉さん先生とお話出来る機会があることが、恵まれています。
ウキウキと出掛けました。

☆さんのお嬢さんもその後順調に継続登校されています。
本当に良かった!


みんな笑顔です。お互いの現状を話したり、お姉さん先生の経験談やアドバイス、
とても勉強になります。

とそこに、突然支援の代表先生がいらっしゃったのです!!

サプライズで電車でいらっしゃるにはとても不便な場所だったにもかかわらず、
そして、今度お会いする時は娘の状態が悪い時・・なんて思っていたので、
こんな形でお会いできることは、本当に感激でした。
こちらの方面に別の用事で来られていて、わざわざ寄ってくださったのです。

いろいろなお話を伺えました。何と言っても、
再登校後子供が不安定になっている時は、
親の対応が戻っていたり、勉強が続いていない時が多い・・
とのことが心に残りました。

我が家のことに関しては、私自身も感じていましたが、私も娘も、本心で
会話ができていないようです。表面上の言葉のやりとりは問題ないように
見えますが、お互い殻をかぶっていて、特に娘は吐き出さないことを、
ため込んで爆発してしまうことが怖い・・とのことです。
私はまだまだ言葉を発することに慎重すぎるし、一歩踏み込んで意見を言うことも
必要だということです。

とても実りの多い時間でした。

先生方、お忙しい中ありがとうございました!
たくさんの貴重なお話、胸に刻んで親としての勉強を怠らないようにがんばります。


*


昨日の給食で食べられたのは・・

「はくさいと牛乳」

だそうです^^
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-06 10:59 | 再登校後
今日も給食のこと・・
娘は毎日 給食の献立を見るようになりました。
始めからあきらめることはせず、挑戦するつもり・・ということですね。

そして、今日は

「みかんと牛乳」

を食べたそうです。

こちらからは聞かないのですが、
帰って来て、

「みかんと牛乳」

と言うのです。
おかしいですよね。

私の顔に書いてあるのでしょうか?

「何食べた~??」って。

しばらくは給食日誌になりそうです^^
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-04 22:25 | 再登校後
今日の給食
今朝は、食事量は少なかったものの、嘔吐はしませんでした。

そして、給食は

「きゅうりだけ食べた」

そうです・・

三歩進んで、二歩下がる・・でもいいですよね^^
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-03 21:39 | 再登校後
給食に挑戦!
娘:「この前ね、給食に「くじらの竜田揚げ」が出たんだよ。」

えー??と思いました。
給食に「くじら」??と。
昔の給食体験とうことらしいです。
娘は食べなかったんですけれど。

ちょうど給食の話題が出たので、思い切って給食のことを
話してみることにしました。


私: 「あのね、お母さん、このまま○○(娘)が給食食べないと、
   体のことが本当に心配なんだよね。
   成長期だし、大人になってから影響が出たりしたら大変だな・・と思って。
   5年生になったらクラス替えでしょう。今のクラスの子たちは○○のこと
   よくわかってくれているから給食を食べていないこと何も言わないけれど、
   クラス替えしたらどうかわからないよね。
   今のクラスのうちに、少しずつでも練習しておいたらいいなと思うんだけど、どう?」

娘: 「無理。食べると気持ち悪くなるもん。」

私: 「そう。でも、このままだと心配。
   ずっとこのままという訳にはいかないこと○○がわかっていると思うから、
   自分で少しどうしたらいいか考えてみてくれる?」

娘: 「・・・・・・」



ドキドキしました!

これは土曜日の会話なのですが、金曜日に担任の先生からも
「そろそろ少し食べてみる?」と話しがあったようで、
どうもいよいよ食べなければならない時が来たと思ったのか、
日曜日、久しぶりに
「明日学校嫌だな~」
言いました。耳をふさぎたくなりました・・

そして、月曜日の朝、再登校間もない頃の娘の姿がありました。
朝食はのどを通らず、嘔吐し、泣いていました。

私も泣きたい気分になりましたが、娘はその後涙を拭いて、
私に向かってニコっと笑って、
「いってきます」と言って出掛けて行きました。

偉い!!








帰って来て、
「サラダだけ食べたよ」っと、ちょっと照れながら話してくれました。

昨年6月以来の給食です。
一歩前進しました!

さて、明日からはどうするかな?
[PR]
by marguerite5 | 2009-02-02 22:09 | 再登校後