<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
合格!!
先日の日記で、長女が英検5級を受験したことを書きました。

なんと、合格しました~!!!


試験当日、「落ちたら10月にまた受ければいいもん」 と自分に言い聞かせるように
言っていた長女。

私は、「大丈夫。いつも通りにね!」とだけ言いました。


昨晩、先生から結果のメールが届き、娘に伝えると、

「やったぁーーーーー!!!!」

と とび跳ねていました。


今日は昨日6月26日が7歳の誕生日だった弟の誕生日会。
英検合格祝いも一緒にやりたいと思います♪

本当に、よく頑張ったー!!!
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-27 11:50 | 長女のこと
変化・・?
最近、みなさんのところに訪問しても、なかなかコメントできず
すみません。
一方、私のブログへは、毎日一定の方が見に来てくださるようで、
マメに更新もできていないのに、ありがとうございますm(__)m

おかげさまで、順調に楽しい毎日を過ごしています。







3月頃から週2,3日のアルバイトを始めた私ですが、
最近は3,4日が平均。時には1週間フル勤務の週もあり、
どっぷりとお仕事にはまっています。

1年前からは考えられない状況です。
こんなふうに安心して仕事に出掛けられるなんて、
なんて幸せなことでしょう。

勤務時間の短い仕事なので、昼休憩はなしで、
帰宅後、昼食をとっています。

先日、私がいつもの残り物昼食を食べていると、
長女が帰宅しました。

「お母さん、かわいそうなお昼ごはん~!
私なんて、超~おいしい給食だったんだよ~♪」

こんな言葉が聞けるなんて、本当に夢ではないだろうか??と
頬っぺたを叩きたくなる気持ちです。

すっかり給食は克服したようです。


そして、最近少し娘が変わってきた感じがします。
以前から、真面目で頑固一徹、~なければならない、と何事にも
柔軟性がなかった娘。

「9時には寝なければならない」で、そのとおりに就寝。
6時前に起きていたのですが、最近は、平均10時就寝。
時には11時近くまで起きている時もあって・・
それでも、朝には強く、夜更かししても しっかり起きてくるので、
私は黙っています。

何かとうるさい妹・弟が寝た後の方が、長女もゆっくりと静かな時間が
過ごせるので、夜の時間が心地良いようです。
テレビは10時までにしていますが、その後は私と一緒に裁縫をしたり、
雑談をしたりしています。

正直、私は早く寝てくれた方がゆっくりできるのですが、
そうは言えないですものね・・(^^;)


なんとなく、変わったな・・と思う今日この頃です。
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-26 20:00 | 長女のこと
エンカレッジHPへの掲載☆英検に挑戦!
エンカレッジのHPの「依頼者の声」に、このブログの記事をピックアップしたものを掲載
していただきました。
改めて読み返してみましたが、こんな形で掲載していただけるとは思ってもみなかったので、文才の無さに恥ずかしい思いです・・

再登校直後で、まだ支援を受けている途中で始めたブログです。
当時だからこそ書けた感情や行動、言動もあると思うので、
少しでも参考にしていただけたら幸いです。

エンカレッジの先生方、お忙しい中、つたないブログの記事を
掲載していただき、ありがとうございました。
これからの生活も「悪い例」とならないように、気を引き締めて
いきます!










前回の日記で長女が体調を崩したことを書きましたが、
その後回復して元気に学校に行ってきます。


ちょっと前のことになりますが、6月13日、長女にとって
人生初めての試験がありました。
「英検5級」の試験を受けたのです、

小学1年生の時から、近所の英語が出来るお母さんから
週に1度英語を教えてもらっていました。
1年~3年生までは、遊びの中に英語を取り入れた楽しいレッスンでしたが、
4年生からは遊びが半分、テキストや問題集を使った英検に向けた勉強が
半分、4年生後半からは宿題も出ていました。

4年生の時に不登校だった娘は、4ケ月位レッスンをお休みしました。
「再登校後しばらくは、習い事は無理しなくていい」と支援の先生にも
言っていただいていましたが、娘は早く元の生活に戻したかったんですね。
再登校当日に、レッスンに行ったんです。恥ずかしがる様子もなく・・
ただ、他の生徒さん3人は、4か月の間に英検に向けた勉強がかなり進んでいました。
娘だけ遅れているのに、先生がさぞかしやりにくいだろうな・・と心配だったのですが、
先生も、娘が学校に戻れたことを涙して喜んでくれましたし、
何より
「”みんなと一緒に英検を受けたい”という気持ちを尊重してあげてください」
と言ってくださったので、お願いすることにしました。
とても有難かったです。

友達に追いつくために、宿題の量は膨大でしたし、家でリスニングの練習を
暇さえあればやっていました。

それでも、なかなか友達のレベルまでなかなか成績があがらなかったのですが、
試験の迫った5月下旬、やーっと、模試をやると合格圏内前後の点数が
採れるようになりました。
6月13日の試験で不合格だったとしても、10月にまた試験があるので、
その時に再チャレンジすればいいや! という気持ちで試験を受けました。

結果は7月初旬に出ます。
いろんなことに、「悩んだら挑戦してみよう!」
という姿勢には感心します。
根性が付きましたね。本当に。


そして、この英検5級試験が終わると、ほとんどの子が受験勉強のための
塾通いが忙しくなって英語はやめていくそうなんですが、娘は今のところ
塾にも行かず、受験の予定もないので、来年 英検4級を受けるために
英語を続けるそうですよ。

子どもの試験にドキドキ・・
これから、どんどん増えていくんでしょうね。
こんな緊張感!
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-19 09:40 | 日々のこと
1年前 不登校始まり
昨年の6月13日、体調を崩して学校を欠席しました。
不登校の始まりでした。

食欲がなく、苦手な給食が食べられなくなり、
その後行きにくくなり、戻れなくなってしまいました。
運動会が終わって、気持ちが緩んだ頃でした。

今年も運動会の後、疲れがたまっていたのか
体調を崩しました。
鼻水が出て、勉強にも集中できないようで、
少しイライラしていました。

ドキドキしました。

昨年のことがあるので、私も間違えた対応をしないように、
気合いの入れ直しです。

持病はあっても、風邪などはめったにひかない長女です。
体調の悪い時、どうしたらいいのか、指示をせずに
伝えるためにはどうしたらいいか?
自分の体験と心掛けを話すことかな?

「お母さんは調子の悪い時は、早めに病院で薬もらったり、
お風呂にしっかり入って体温を上げたり、
睡眠をしっかりとることをするかな。」

いい機会なので、妹と弟にも聞こえるように
大きな声で話してみました。

みんな!自分の体は自分で守るのだ!


すると、「耳鼻科に行きたい」と言うので連れて行きました。
そして、お風呂に入って、いつもよりも早く寝ました。

その後は鼻水は出るものの、悪化はしていないようです。





長女は、昨年の今頃・・なんていうことは全然考えていないようで、
いや、実は考えているのに表わさないだけかな・・?

「そろそろ水泳の準備だね」

なんて言っています。
昨年1度も参加できなかった水泳。

「今年は一気に級を進めるぞ!」

だそうです。



私は苦い経験を繰り返さないためにも、ちょこちょこと過去を振り返っては
自分を戒めていますが、娘は前だけを見ているように感じます。
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-16 16:01 | 再登校後
学校の支度
1年生の弟も、すっかり学校に慣れてきました。
学校から帰って、まっ先に宿題と翌日の支度をしてから
外に遊びに行きます。

「1年生のうちは、親も一緒に支度をして忘れ物がないかチェックしてください」
と学校から言われています。

私は、長女の不登校で学んだことから、1年生のうちでも、
なるべく手出し口出しをせずに、本人にさせてから、後で確認するようにしていますが、
3年生の姉の持ち帰った手紙に次のように書かれていました。

「3年生では、学校の支度はまだ親の手助けが必要な場合があります。」

先日の個人面談の際に・・

先生:「○ちゃんは、忘れものが多いですね。3年生になったから、お子さんに任せているんですか?」

私: 「いいえ・・ もっと前から、学校の支度は本人に任せています。」

先生:「はぁ・・」

と、ちょっとびっくりされていました。

3年生にもなって、学校の支度の手伝いは必要ないですよね?
忘れ物の多い娘が一番いけないのですが・・><
きっと、無関心な親と思われているかもしれませんね・・
ちょっと辛いところですが、私のスタンスは変えられないので、
どうしたら、忘れ物のことだけでなく、いろんなことにいい加減な
3年生娘がしっかりしてくれるか・・ということなんですが、
これが今、一番の悩みなのです~(^^;)

子どもの問題で親が悩むことはないのですが、
先生から注意を受けると、やはり「はぁ~><」と思ってしまいます。

「忘れ物などしない、しっかり自分のことが出来る子だと信頼しているよ~!」
ということを伝え続けることが大切だと思いますが、それが難しいです・・
[PR]
by marguerite5 | 2009-06-03 20:08 | 日々のこと