<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
再登校から2年
4年生の6月中旬から11月末まで不登校だった長女。
おかげさまで、再登校から丸2年が経ちました。

欠席も再登校以来2日だけだし、ほとんど元気に過ごしてきたんだけれど、
実は、先日久々に風邪で学校を欠席した後、ピンチだったのです。
給食がきっかけで不登校になった長女は、相変わらず給食は得意ではありません。
今回の風邪が治ってからも、表情が冴えないことに気づいていました。

長女:「お母さん、話があるの・・」

キター(≧▽≦)

私:「何?」(平常心・・平常心・・)

長女:「給食、食べられないの~(涙)」

どんなことがあっても、もう「学校を休む」という選択はないので、じゃあ、どうするか。

給食を減らしたり、我慢せずに残したりというのは、みんなが心配するのが嫌だから・・
と受け入れません。

前回体調を崩した時にも、同じようなことがあって、でも体調が戻ったら、
いつの間にか普通に食べられるようになったので、今回もそうじゃないかな・・言いつつも、

「今回は、ずっとこのまま食べられない気がする」と。

家では好き嫌いなく、何でもたくさん食べる長女なので、精神的な問題だ・・
ということは、本人もわかっています。
辛かった不登校時代も思い出してしまうから、なおさら食欲が戻らないようです。

もう、私も思いつくことは全て言って、言葉がみつかりません。
ちょっと角度を変えてみることにしました。(動揺・・動揺・・(^_^;))



●ダメな気がする・・と悪い方向に考えている時は、物事はいい方向には
 なかなか向かっていかないもの。

●持病持ちのあなたは、何度も大変な壁にぶつかって、乗り越えてきた。
 そのたびに、父親も私も、「きっと大丈夫!」と信じていた。

●自分で自分を信じてあげないと、前には進まない。

●給食のことだけではなくて、これから先の人生でもいろんなことにぶつかる。
 全てのことに前向きに考えた方が得!


そうとう興奮していました。私。
でも、この話をした後、長女の顔が明るくなったのです。
そして、「ありがとう・・」と(^-^)

もう、球は投げ切っちゃいました。
翌日、「やっぱりダメだった~」と言われたら、もう投げる球はありません。

ところが、翌日・・

「食べられた~!!」と。

「病は気からと言うけれど、給食も気から・・かな?(^-^)」なんて言って。


ひとまずホ~っだけれど、来年から通う中学校も給食です。( ̄― ̄)
「給食」というテーマは、まだあと3年間続きます。
なんとか自分の力で解決する力を身につけてくれないと!



このことも含めて、久しぶりにエンカレッジの上野先生に、
再登校から無事に2年を迎えられたことの報告とお礼のお電話をしました。
今回の給食のことは、
「きちんと話し合える関係になれているからいいですね」と言っていただきました。

これから思春期に入ると、この話し合いも、違った雰囲気になってくるのかも
しれませんね。


不登校・・なんだかもう遠い昔のような気がしていますが、まだたったの2年。
節目節目にまた気を引き締めて、親子関係を見直していかなければと思います。

不登校時お世話になったみなさん、そして、今もずっと関わってくださっているみなさんに
感謝です。

ありがとうございます♪
[PR]
by marguerite5 | 2010-12-01 00:24 | 長女のこと