終業式&修学旅行
怒涛の如く過ぎて行った1学期が終わりました。

なんと言っても、長男の入院&通院が記憶の大部分を占め、
長女、次女は・・ どんな風に過ごしていたかな??

7月20日、終業式でした。
長女&次女は、今学期 欠席0でした。
不登校だった長女は、昨年の3学期に風邪で休んで以来、
欠席していないので、かれこれ1年半の無欠席です!

長女は、成績を上げたいと頑張って勉強してきた甲斐があって、
随分上がって満足なようです。

次女は、成績を上げようなんていう気持ちは全くないんだけれど、
少~し上がって、これまた満足なようです。




* * *




7月22日~24日、長女の修学旅行でした。
行き先は日光です。

準備の段階からそれはそれは楽しそうで。(*^-^*)
仲間内では恋話もチラホラと出始めて、誰と誰が同じ班になったからどうとか・・
ワクワク感が全身から溢れていて、見ていてうらやましくなるくらい。

キャンプファイヤーでは、司会をすることになって、
家で妹と弟を前に練習していました。


ちょうど主人の夏休みと重なったので、
留守番家族はキャンプに行ってきました。
長女の行程表を見ながら、今頃は・・なんて想像しながら。


帰ってきて「あ~あ、終わっちゃった~」と。
楽しい思い出をたっぷり抱えて帰ってきたようです。

さて、長い夏休みの始まりですね。
親子の関係も良くも悪くも、転がりやすい。
気をつけて、楽しく過ごしていきたいと思います。





*  *  *





「家庭教育推進協会」から、会報の創刊号が届きました。
待ってました!これからじっくり読ませていただきます♪
[PR]
# by marguerite5 | 2010-07-25 18:11 | 長女のこと
不登校の始まりの月・・
6月も終わりに近づきました。

長男のことで奔走しているうちにあっという間に過ぎた6月ですが、
この梅雨の始まり、ジトっとした空気感、
すぐにあの時のことが蘇ってきます。

2年前の6月13日から不登校になった長女。
この季節から始まったのです。

6月中は、スクールカウンセラーや、精神科に相談をしに行ったり、
ネットでフリースクールやメンタルフレンドなど、
不登校に関するHPやブログを調べたりしていましたが、
学校に戻った方がいいのか、それとも別の道を探すのか・・
向かう方向がまったくわからず、途方に暮れていました。
不登校に関する本も読みあさりました。

不登校始まり・・6月中のこと

これから先も、毎年この時期になるとチクチクっと胸が痛くなるのかな。
その方がいいかもしれない。
記憶が風化していかないように、親として学んだことを忘れていないか振り返って
軌道修正できますからね。

あれほどいろいろ調べたけれど、知りたい情報に辿りつくまでに、
とても遠回りしました。

家庭教育推進協会

私が復学支援でお世話になったエンカレッジの上野先生が代表理事を
務められています。
私のように、子育てや不登校でどうしたらいいか悩んだ時の道標になることと思います。
今年の3月に発足したばかりですが、これからどんどん活動が充実していくことと思います。
あのとき、私もこのような協会があったら、出会いたかったな~。
[PR]
# by marguerite5 | 2010-06-26 23:30 | 不登校
3週間ぶりの学校へ
長男が、1週間の自宅療養を終え、今日久しぶりに学校に行きました。

体力が落ちていることと、休み時間は外遊び禁止ということもあるので、
1時間目の授業から登校、給食までで早退しました。

とにかく早く学校に行きたいと言っていた入院中。
授業は、体育と音楽以外は好きではないけれど、
学校のありがたみがわかったようです。

久しぶりに教室に入ると、クラスメイトに取り囲まれて、大歓迎を受けました。
頭をポリポリかいて、照れてました (´▽`*)

しばらく、遅刻&早退しながら、体を慣らしていきますが、
体育や運動は夏休みが終わるころまでできませんε-(>。<)



* * *



さて、入院中のことを書いておきます。

病院は自宅から自転車で5分ほどの総合病院。
両祖母は、自分の体調が悪かったり、介護中だったりなので、
頼らずに頑張りました。
仕事も最初の3日間は休暇をもらいましたが、容態が安定してからは
勤務時間を短くしてもらって出勤しました。
単身赴任の主人も、最初の3日だけ休暇を取って夜は病院で付き添って、
その後は単身赴任先に戻りました。


朝、姉たちを学校に送り出さないといけないので、
夜は付き添いなし頑張ってもらって、自宅に帰ることにしました。

 7:40 姉たちを学校に送り出す
  ↓   
 8:00 病院で朝食の付き添い
  ↓
10:00 仕事へ
  ↓    
14:30 病院
  ↓
16:00 自宅で夕食の支度&洗濯&掃除
  ↓
18:00 病院で夕食の付き添い
  ↓
19:00 自宅で姉たちの夕食
  ↓
20:00 病院で寝付くまで付き添う
  ↓
21:30~22:00 自宅へ


これの繰り返しを約2週間。
病院が近かったことと、2週間という期間だったことで乗り切れました。
これ以上長くなったらどうなっていたことか。

でも、今回のことで、姉たちは食事の支度以外は
何でも自分たちでやったし、長男も病院で一人でも
泣き言一つも言わず頑張りました。

「家族の困難は、家族で協力して乗り切る!」
「みんなちょっとずつ我慢して頑張ろう!」

をテーマに頑張りました。


長男は

姉たちに会えない我慢
たびたびの採血の我慢
病院で一人で過ごす我慢
ベッドの上で退屈な時間を我慢
学校に行けない我慢
友達に会えない我慢
おやつが食べられない我慢



姉たちは

弟に会えない我慢
家に帰っても母親がいないことの我慢
友達を家に呼べない我慢
いつもより家の手伝いが多いことの我慢


我慢する機会があるからこそ、忍耐力も身に付く。
そう考えて、悪いことばかりじゃなかったと考えよう。

そして、何より普段はケンカもよくする姉弟だけど、
いないと寂しい・・これが一番堪えたようです。
これからはケンカが減るかな?
それとこれとは話が別でしょうね (´▽`*)
[PR]
# by marguerite5 | 2010-06-21 23:08 | 長男のこと
退院しました
長男、今日退院しました。

あ~、もう、なんというか~
はぁぁぁぁぁぁ


溶連菌こじらせ ⇒ 急性腎炎
というのは、悪いパターンとしてよくあるらしいですね。

我が家は子ども3人とも溶連菌には無縁でここまできたので、
全く知識にありませんでした。

そもそも溶連菌て、発熱が長く続くとか・・ 喉がとても赤いとか・・
けっこうしぶとい菌で、抗生物質を1週間とか飲み続けるんですね。

息子は、39度の熱が1日でスカッと下がってしまったし、
喉の痛みも訴えていなかったので、溶連菌の検査もしていないし、
薬のアレルギーのある息子は、なるべく薬は飲みたくないので、抗生物質も飲まなかった・・
翌日から元気に学校に行っていたし。
まさか、体の中に菌が残っていたなんて。

お医者さん曰く、「めったにないことですよ。」と。

昨年夏も、「めったにないこと」(擦り傷からの感染症)で
2週間入院したんですけど・・


とにかく、退院したんですが、この急性腎炎はまた厄介で、
今週1週間は自宅療養。来週から時間短めに学校へ行く。
体育は1学期中は見学。8月末まで運動はセーブ。
9月からやっと体育ができるものの、激しい運動は半年後~
とのこと。
まだまだ先が長いです。
今期の水泳が全く出来ないと知って落ち込んでいますけれど、
学校は行きたくて仕方ないそうです。

この言葉は救いです(*^-^*)

みなさんも、溶連菌には気をつけてくださいね~(T_T)
[PR]
# by marguerite5 | 2010-06-14 23:09 | 長男のこと
長男の入院
昨年夏にも感染症で入院をした長男が、
今度は、急性腎炎で昨日から入院してしまいました。
2週間前にかかった溶連菌が原因のようです。
今日は主人が休暇を取って病院で付き添っています。

本人は元気なのですが、ひたすら安静が必要ということで、
ベッドの上でがんばっています。
すべての検査の値が正常値に戻るまで入院ということで、
期間は今のところわかりません・・

子どもがいると、本当にいろんなことがありますね・・
いろいろと大変ですが、家族で力を合わせて乗り切りたいと思っています!
[PR]
# by marguerite5 | 2010-06-03 13:18 | 長男のこと